toriyamaranの日記

登山、旅行、読書、映画の感想を中心とした雑記ブログです。

【映画】リアルスティール~男同士の不器用な親子の絆~

こんばんわ。

とりやまです。

今日は映画『リアル・スティール』の感想です。

 


映画『リアル・スティール』予告編映像

 

あらすじ

時は2020年。ボクシングに代わりロボット同士を戦わせる競技が人気を博していた。チャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)はプロボクサーだったが、今では中古のロボットを使ってプロモーターとして、生計を立てていた。

ある日、ケントンのもとに元妻が亡くなったという話が舞い込んだ。元妻の息子マックス(ダコタ・ゴヨ)の親権は元妻の姉と争って裁判となるが、10万ドルで親権を放棄すると元妻の姉の夫に交渉した。3ケ月間の旅行の間、ケントンがマックスを預かるという条件で交渉は締結した。スクラップ場からみつけたロボット『ATOM』とともにケイトン・マックスはロボット大戦で連戦連勝。最後には絶対王者を苦しめるものの判定負けになるが、誰もがケントン、マックス、ATOMの栄誉を讃えていた。

 

親子のきづなって何かいい

久々に再開したケイトンとマックスであったが、最初はギクシャクしていた。しかし、ATOMを見つけ試合で勝つたびにお互いを信頼し、試合で勝つことが2人の共通の目標となったあたりから、関係性が良くなっていった。はじめは、ケイトンの無謀な作戦に呆れていたマックスだが、後半では逆にマックスの強気な発言に振り回されているケイトンが少し滑稽で面白かったです。多分、『誰に似たんだ』と嘆いていたかもしれまんね。そんな戦いあり親子愛あり、リアルスティールはおすすめです。