toriyamaranの山旅日記

登山、旅行を中心としたブログ

【読書】山と食欲と私 7巻~スマホの電源 一人でオフにできるといいですね~

山と食欲と私 7巻の感想です。

 

イベントで山にきたビジネスパーソンとの会話

男:意識的にネット環境から自分を隔離してみるという…まぁいわゆるビジネスパーソン向けの自主企画イベントです。休日や夜間でも仕事の対応があったり…なかなか自分ん一人でスマホの電源をOFFにすることはできないじゃないですか。実際 問題ないかもしれない…わかっていても何か起きるんじゃないかと不安で…精神的にもOFFモードになれない…だからこんなイベントを通じてー

主人公のあゆみ:え、スマホの電源を切れないんですか?

男・主人公のあゆみ:え?

主人公のあゆみ:私は登山が趣味なのですが、山は電波が届かない場所もありますし電源を切るというか事実上切れている状態になることがよくあるというか…。あ、でも私なんかと違って、お仕事お忙しいんですよね。そうですよね。それだとなかなか自分勝手に電源を切るというのは…すみませんなんか無神経なことを言って。

男:私そろそろ下ります。

主人公のあゆみ:えっ…あ、はい!スマホの電源…一人でOFFにできるようになるといいですね!

(あゆみと別れたあと)

男:自由で輝いていたな

 

スマートフォンは、どこででも電話ができてインターネットを使える様に、常に世界と繋がることができる。一方で、社会に縛られているような感情を抱く人もいるはずです。特に気分転換や自分の好きなことが分からない人は、自分のスイッチをON・OFFすることが苦手なイメージがあります。自分もどちらかといとそういう繋がりから逃れたくて山に入り込んでいった気がします。自分の中にもやもやした嫌な感情が溜まってくると世の中が灰色というか、色の彩度が下がる気がします。けど、山に行くと下界にはない美しい景色や展望が広がっていて、世の中には美しい場所がまだまだあるんだなぁと実感させられます。自分も山に行くことで感じている感情が『自由』なのかもねと思った次第です。

山と食欲と私 7巻 (バンチコミックス)

山と食欲と私 7巻 (バンチコミックス)

 

 

 

www.photoandbook.pro

 

 

www.photoandbook.pro